HOME>トピックス>債務整理についての情報を集めよう〜借金問題を解消する手段〜

債務整理についての情報を集めよう〜借金問題を解消する手段〜

裁判所

借金問題に悩んでいる人は債務整理の方法をチェック

債務整理には、任意整理や自己破産、個人再生や過払い金請求など実は様々な方法があります。借金問題で悩みを抱えている人は、まずは債務整理の方法をチェックして、何が自分に一番適しているのかというのを判断しましょう。お金の問題を解決する方法は、慎重に判断していくのが必要となるのです。

債務整理時の注意点

男女

ブラックリストへ登録される

債務整理をすると、信用情報の事故情報に登録されます。ローンを組んだり、新しいカードを作れなくなる事を理解しておきましょう。

口座が凍結する

債務整理をする債権者に銀行や信用金庫が含まれている場合は、その口座が凍結する恐れがありますので、入金先や支払いを別の口座に変更しておきましょう。

引き落とし出来ないようにしておく

返済方法で自動引き落としにしている人は、債務整理の開始と共に預貯金を0にしておくなどして、引き落としが出来ないようにしておきましょう。

カードを返却する

債務整理が始まると、債権者にクレジットカードを返却しなくてはいけないため、ちゃんとハサミを入れて返却手続きを行いましょう。

新規でお金を借りない

実は、銀行以外にもお金を借りる手段はあります。新規でお金を借りられる可能性があると、借りたいと思うでしょう。しかし、絶対に債務整理手続き中は新規で借りないようにしましょう。信用を無くす結果にもなってしまいます。

債務整理をする人が多いのはなぜか?

債務整理には色んな方法があり、中には裁判所を通さないで済むという、手続きが簡単なものもあります。そのため、借金の返済に困ったら直ぐに弁護士に依頼して手続きをするという人が多くいます。

債務整理をするメリットランキング

女性
no.1

支払い督促が無くなる

借金を返済する必要がなくなるため、督促が無くなります。

no.2

周りに気付かれないで手続き出来る

任意整理は手続きをしても周囲に知られないため安心です。

no.3

職業制限が無い

債務整理の種類によっては手続きを行っても職業制限が無いため、新しい職に就きやすいというメリットがあります。

no.4

財産を維持出来る

債務整理の種類によっては財産を手放さなくて済むものもあります。

no.5

過払い金の精査がある

過払い金があるかどうかを調べてもらえるので、過払い金があった場合は返済として充てることが出来ます。

債務整理の相談先は弁護士と司法書士がある

債務整理の相談は弁護士だけではありません。司法書士にも可能なので、自分に合った相談先を決めましょう。

弁護士と司法書士の違いを比較

審尋に同席出来ない

弁護士は代理人として同席する事が出来ますが、司法書士の場合は同席する事が出来ません。

債権額による

任意整理の場合、司法書士は債権額140万円以内であれば代理人になりますが、弁護士の場合は金額制限がありません。

広告募集中